韓国がロシアに勝手に建てた反日記念碑をロシア政府が撤去!!→韓国人大激怒!

ロシア・ウラジオストクの国立医科大学構内にある小さな空き地。

安重根(アン・ジュングン)の抗日運動の足跡をたどり ここを訪れた韓国の大学生27人は 何もないその場所を見て絶句した…

跡形もなくなったウラジオストクの安重根記念碑

大学生たちを引率した「安重根義士崇慕(尊び慕う)会」の 関係者たちも当惑を隠せなかった。

この場所には昨年まで横1メートル、縦2メートルほどの大きさ (土台を含む)の安重根義士記念碑が立っていた。

2002年にソウル保健神学研究院が ウラジオストク州立医科大学と協定を締結した際、 ウラジオストクで抗日運動に従事していた安重根を讃えるために建立したものだ。

花こう岩でできた記念碑は 「人類の幸福と未来 民族の英雄 安重根義士」という碑文が刻まれていた。

しかし、この日、大学生たちは2本の鉄筋が 寂しげにたっているだけの記念碑の土台を目の当たりにした。

なぜ記念碑がなくなったのか

記念碑がなくなったという事実は海外での抗日運動について研究する 一部の学者たちだけに知らされていたが、 記念碑を誰がどこになぜ持ち去ったかは明らかになっていない。

大学生たちと一緒に現場を訪れた延世大学のオ・ヨンソプ教授(52)は

「抗日運動を記念する施設を設置するにはロシア政府の許可を受けなければならず毎日管理するだけの余裕もないため、記念碑が知らない間に撤去されたとしても韓国人はそれをすぐに知ることができなかった。」

と残念そうに話した。

大学生たちは安重根が1907年にウラジオストクに渡って 抗日運動に身を投じ、09年10月26日に中国・ハルビン駅で 日本の韓国統監府初代統監だった伊藤博文を暗殺し、 翌年3月に大連市の旅順監獄で処刑されるまでの足取りをたどり、 韓国を出発、8泊9日間の旅をしていた。

安重根の記念碑が撤去されたことを確認した次の日、 一行は独立軍が日本軍との戦いに初めて勝利した 中国吉林省図們市の「鳳梧洞の戦い(1920年)」の戦跡を訪ねた。

一行はここでも記念碑が空き地の片隅に放置されているのを目の当たりにした。

管理事務所側は

「リニューアル工事を行なっている最中のため、一時的に撤去した」

と説明したが、ツアーに参加したチン・スリョンさん(20)は

「命を懸けて国を守るため戦った独立運動家たちの足跡がこんなみすぼらしい状態になっていてとても残念だ」

とうなだれた。

ネットでの反応

・ロシアには縁もゆかりもないもんなテロ支援国家の誹りを避けたかったんだろう

・ロシアも、案外いいとこあるじゃない。慰安婦像を、たてればお仲間だとでもマーキングでもしてるつもりなのかな。

・安重根は大の親日活動家だった。当時伊藤博文は朝鮮半島からの日本併合の申し出を拒否していた。これに憤った安が伊藤を暗殺、日本の国論は半島の申し出を受け入れる方向に切り替わっていったのです。この歴史を捏造で塗り替えているのが現在の韓国です。双方から見て、当然ながら英雄では無くテロリストに過ぎません。

・全ての朝鮮人が死滅しますように・・・願って止みません

・無断ならむしろ撤去費とればいいのにロシア意外と優しいやん

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*