外務省、河野談話を事実上の撤回 ⇒ マスゴミそっ閉じで報道しない自由を公使

杉山外務審議官の答弁がGJ過ぎると話題にwww

【動画】

杉田 水脈議員の質疑で、外務省が河野談話を撤回!昨日3月28日の衆議院外務委員会で、杉田水脈さんが歴史的な政府答弁を引き出した。それは、河野談話の事実上の撤回である。なぜ、メディアはこれを大きく報道しないのか?昨日の外務委員会で、外務省は2016年2月16日に連合国(国連)欧州本部ジュネーブで行われた、女子差別撤廃委員会に於ける杉山外務審議官(当時)の答弁を、政府見解だと明言したからだ。今まで何度も紹介したが、この動画はその時の答弁の音声だ。なお、この V-Clip の最後の映像は、昭和40年(1965)に日韓基本条約が締結され、日韓国交正常化が行われた年に、芸術祭参加作品として受賞した名画、巨匠岡本喜八監督の「独立愚連隊」を営利目的でなく学術的資料として引用したものである。

Posted by Kohyu Nishimura on Wednesday, 28 March 2018

【ソース】

杉田 水脈議員の質疑で、外務省が河野談話を撤回!

昨日3月28日の衆議院外務委員会で、杉田水脈さんが歴史的な政府答弁を引き出した。それは、河野談話の事実上の撤回である。なぜ、メディアはこれを大きく報道しないのか? 昨日の外務委員会で、外務省は2016年2月16日に連合国(国連)欧州本部ジュネーブで行われた、女子差別撤廃委員会に於ける杉山外務審議官(当時)の答弁を、政府見解だと明言したからだ。今まで何度も紹介したが、この動画はその時の答弁の音声だ。 なお、この V-Clip の最後の映像は、昭和40年(1965)に日韓基本条約が締結され、日韓国交正常化が行われた年に、芸術祭参加作品として受賞した名画、巨匠岡本喜八監督の「独立愚連隊」を営利目的でなく学術的資料として引用したものである。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*