オール沖縄落選で『マスコミ記者がお通夜状態になる』凄まじい光景が爆誕。本音がむき出しになった模様

桑江氏再選直後の現場画像 

拡大

お通夜状態の沖縄マスゴミ関係者の表情w

沖縄市長に自公維推薦の現職 桑江朝千夫氏、翁長雄志知事推す新人破る

https://www.sankei.com/politics/news/180422/plt1804220016-n1.html

任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選は22日投開票され、無所属で現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が、翁長雄志知事が推した無所属新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=を破り、当選確実となった。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する政党、労組、企業などでつくる「オール沖縄」系候補は平成28年以降、南城市長選を除き8つの市長選で敗北となる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*